朴茂生

朴茂生とは、インテリアコーディネーターである。

1973年3月10日生まれ。東京都出身。
家具職人だった親の影響で幼いころから家具に強い興味を持ち、大学卒業と同時に大手家具メーカーへ就職。その後仕事を続けながらインテリアコーディネーターの資格を取得。
現在は資格を生かした仕事も幅広く行っている。

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、インテリアと呼ばれる建物内部やファサードなどの外部の装飾や空間構成、家具や照明器具、照明計画など住空間の一部ないし全体の室内演出・デザインや建物全体の構成などを手掛ける職業、またはこれを職業にしている人たちを意味する。

建物全体の構成や配置、家具の色彩的統一、壁紙の柄、設置場所などについての、より快適に暮らすための相談・コンサルティングも行う。建築士との違いは建築基準法などの建築に関わる法令で定められた基準を守りながら建築の意匠設計を行うことができるのが建築士であるのに対し、各種法令に反しない範囲で建築の意匠設計の一部であるインテリアデザインのみを担当するのがインテリアデザイナーである。よって、建築士の職能の一部を補助する役割としてインテリアデザイナーが位置づけられる。

フリーランスで事務所を設けて活動する人も多く、自ら家具やインテリア雑貨を制作する人もいる。 美術やデザイン知識の他、原価計算、コスト計算などの作業も必要な他、契約案件の説明、特に大規模事業の際にはプレゼンテーション能力なども必要とされる職種である。朴茂生も勿論この能力を身につけている。
平成12年度まで建設省告示第1451号に定められたインテリアプランナー試験制度が国家資格であった。告示廃止後、一級建築士試験制度を管理する建築技術普及センターが民間資格として引き継いだ。
関連としてインテリアコーディネーター(interior coordinator)は、(社)インテリア産業協会が実施する民間資格のインテリアコーディネーター資格試験に合格した人である。 インテリアプランナー(interior planner)は、(財)建築技術普及センターが実施する民間資格のインテリアプランナー資格試験に合格した人である。朴茂生もこれらの試験に合格している。

家具デザイナーとは

家具デザイナー(かぐでざいなー)とは、家具(オフィス用家具を含む)をデザインするデザイナーのこと。家具デザイナーが家具の製作も行う場合もあるが、デザインのみを行う場合もある。インテリアデザイナーを兼ねることもある。

個人で独立してデザインを行っている場合もあるが、家具製作メーカーの企業内デザイナーの場合もある。なお、家電製品のデザインを行う場合には、プロダクトデザイナーと呼ばれ、別のデザイナーであることが多い。
朴茂生は親が家具職人であったり大手家具メーカーに勤めていたこともあり、家具デザインが1番の得意分野である。

照明デザイナーとは

照明デザイナーとは、照明に関する知識を利用して特殊な空間を光で演出する職業である。
朴茂生も得意分野ではないが、照明デザイナーとしての知識を持ち合わせている。
自然光のみの時代には必要ない職種であったが、景観照明による観光集客効果や広告効果、ムードなどの効果など、生活の為の明かりという以上の意味合いを持たせる。 基本的には、取り扱う場面などにより、それぞれ専門的に取り扱う。

環境照明デザイン (狭義の照明デザイナー)
・インテリア照明
・建築照明
・屋外照明(イルミネーションなど)

演出照明デザイン
・舞台照明 舞台芸術のための照明。照明家
・テレビ照明 テレビ撮影のための照明。ライティングディレクター
・映画照明 映画・コマーシャルフィルムのための照明。照明技師

照明器具デザイン(プロダクトデザイン)
・照明器具
・特殊照明器具

照明デザイナーは、照明器具の幅広い知識が必要であるばかりでなく、電気回路などの知識も備えていることが良いと言われている。
建築照明デザイナーである場合は建築の知識も必要とされる。

エクステリアデザイナーとは

エクステリアデザイナーとは、インテリアに対して建物の外観(外側)の空間をデザインする人のことである。
朴茂生もエクステリアデザイナーの知識を活かして企業の建物敷地内の空間演出に携わった経験がある。

エクステリアデザイナーは主に
1・自動車や電車車両の外部デザインを担当したデザイナーの呼称
2・ 外構に関する知識を利用して空間を植物や光で演出する職業
の2つの種類が存在している。
朴茂生はどちらかというと後者の方に該当する。

インテリアコーディネーターになるためには

インテリアコーディネーターの活躍の場は多岐に渡る。
場合によっては資格を持っていなくても、インテリアコーディネーターの仕事に携わることができる場合もある。
朴茂生は、インテリアコーディネーターの資格を取得している。

・朴茂生が考える資格を取るメリット
○資格を持っている=熱意がある
インテリアコーディネーターは、資格があっても働くこともできるし、なくても働くことができる。そんな中でインテリアコーディネーターの勉強をして資格を持っているということは、熱意があると感じてもらいやすく、転職をする場合にも有利なことが多い。

朴茂生は劇団の舞台作りに協力しました

朴茂生は大学を卒業してから家具デザインを中心としてインテリアに関する仕事をしていましたが、先日、大学時代の友人から劇団を立ち上げることになったので手伝ってほしいとお願いされました。
彼とは同じ大学だったものの、学部が違うので最初は接点はありませんでしたが、一般教養の教室でたまたま隣に座ったことがきっかけになって知り合いました。好きな洋服の雰囲気も違い、物事に対する考え方も全く違うのに、やけに馬が合ったので大学を卒業してからも連絡を取り合っていました。
彼は大学を卒業後も就職せずに、劇団の裏方仕事をしながら舞台俳優として活動をしていました。将来は不安定な部分もありましたが、彼はいつも生き生きとした表情で舞台に立っているので、朴茂生は彼に関しては何も心配もしていませんでした。そんな彼が劇団を立ち上げるという大仕事をするというので、是非協力したいと考え、舞台作りのお手伝いをすることにしました。就職してから家具デザインだけでなく、インテリアコーディネーターとしての資格を取得して空間を上手に使うアドバイスもしていたので、それを生かして手伝いたいと考えました。舞台の上は限られた空間ですから、その中で奥行きを出したり広さを感じさせるようにするのはすごく難しかったものの、やりがいがありました。
そして久しぶりに大学時代の友人と再会して一緒に仕事をすることができたので、楽しい時間を過ごすことができました。おかげで舞台は大成功をおさめたので、自分も協力できたことが誇らしいです。

朴茂生のアドバイスで部屋がすっきり

朴茂生さんはインテリアコーディネーターとして活躍されていますが、企業だけでなく個人宅でもアドバイスも行っています。一戸建ての場合は収納スペースが広く、家具の配置を変更しやすい傾向がありますが、マンションの場合は収納スペースが限られているところが多くなっています。家具などの配置も変更しにくいので、一度、家具を設置してしまうとずっと同じ配置で過ごさなければならないということになりがちです。
しかし朴茂生さんにアドバイスを貰えば、最低限の家具を配置して、それ以外は過度に物を置かないようにすることを提案してもらうことができました。二人暮らしだからといって二人掛けのソファを必ずしも用意する必要はありませんし、一人用のソファを1つだけ用意して、もう1つは椅子で代用するという方法も教えてもらうことができました。特にソファなどは比較的大きい家具のため、一度設置してしまうと動かすことができない場合が多くなります。そうなると空間の使い方が限られてしまうので、部屋の模様替えができなくなることがあります。固定概念にとらわれないことが大事だと朴茂生さんに教えてもらってからは、まずは少し欲しいものがあっても、長く使えるものなのか、アレンジすることができるのかと考えるようになりました。目先の欲望で判断するのではなく、先を見据えて使うのかどうかを考えるようになったことで、無駄なものを買わずに済むようになり、部屋の中がすっきりするようになりました。

朴茂生はエクステリアデザインのアドバイスする

朴茂生はインテリアコーディネーターとして、個人宅や会社の事務所など様々な場所で、要望に応じたインテリアを提案してきました。先日、そのインテリアを見た人が、エクステリアのデザインを相談したいという依頼を受けました。エクステリアのコーディネートは今までしたことがありませんでしたが、勉強したことはあったので興味を持ちました。とにかく依頼を受けるかどうかを決める前に、現場を見て欲しいと言われたので、現地に出向くことにしました。依頼者は大きな会社を経営する男性でしたが、二世帯住宅になっている住宅の車庫部分をリフォームしたいということでした。朴茂生が想像していたよりも規模の大きな家だったので驚きましたが、やりがいはあると感じました。子供たちが車を運転するようになったので、玄関部分を取り壊して駐車場を増やしたいけれど、長年育ててきた樹木を移動させたくないということでした。かなり難しい依頼だと感じましたが、いくつかの案を作ってみてもらうことにしました。その中から気に入った案を選んでもらい、実現できるかどうか工務店に相談に行きました。普段から一緒に仕事をすることが多い工務店のスタッフですが、これはかなり難しいですねと言ったものの、最終的には大丈夫だという返事を貰えたので安心しました。工期が3週間ほどかかりましたが、依頼主の要望どおり、駐車スペースを増やしながら庭の樹木を最大限残すということを実現することができました。目の錯覚を利用して、外壁部分を広く見せる塗料の色を使ったことで、シミュレーションをしていたときより満足のいく仕上がりになりました。

朴茂生は手作りの家具を愛用しています

朴茂生はインテリアコーディネーターの資格を取得するために専門学校に通っていたことがありますが、そこでは高校や大学と違って、年齢も職業もばらばらの学生が集まっていました。すでに会社勤めをしているけれど、新しい職場を探すために専門学校に通っている人もいましたし、理系の大学に通いながら資格取得を目指す学生もいました。それぞれのバックグラウンドが違うことから、新しい人間関係が生まれたので、授業が終わった後の飲み会はいつも盛り上がりました。そんな中、家具職人を目指しているという男性がいましたが、彼が作った家具を撮影した写真を見せてもらうと、お店で販売されているものと遜色がないほど素晴らしいものばかりでした。すぐにでも家具屋さんを始められるのではないかと朴茂生は考えましたが、彼は自分の家具は作りは丈夫だという自信があるけれど、デザイン性が弱いことに悩んでいると打ち明けてくれました。長く使用してもらえる家具を今までは目指してきたけれど、家具にも流行があることを知ってからは、もう少し安価な値段でお洒落な家具を作ってみたくなったことが、インテリアコーディネーターの資格を取得するきっかけになったようです。彼とは個人的にも仲良くなったので、工房に案内してもらい、家具の作り方を教えてもらったことがありました。それがきっかけになって、朴茂生は自宅で自分で試行錯誤しながら作った手作り家具をいくつか愛用しています。

朴茂生にインテリアのアドバイスをもらいました

マイホームを購入したので新しいインテリアを購入することになりました。
私と夫は新婚旅行で訪れた北欧テイストの雰囲気のお部屋にしたいと思っていました。
シンプルながらもデザイン性の高いものが多く、おしゃれな空間を実現できそうだと感じたからです。
雑誌やSNSで情報収集しいろいろなお店を回ってみてみたのですが、納得できるようなものに出会うことがありませんでした。
また、お気に入りのものが見つかっても、どうやってコーディネートしたらよいのかわからなかったのです。
配置する場所によって同じ家具でも違って見えるから不思議です。
そこで、インテリアに詳しくてコーディネーターの資格も所持している朴茂生にアドバイスをお願いしました。
色の種類は限定して、空間の上の方には濃い色のものを、空間の下の方には薄い色を使うといいとのことでした。
同じ色のグラデーションを用いるとよいとのことでした。
朴茂生のアドバイスを実践したところ、温かみのある北欧テイストの空間を実現することができました。
我が家は木目調の家具をメインにラグマットや小物類で赤のグラデーションを実現しました。
特に、リビングはお気に入りのスペースで友人や知人からも「この空間にいると落ち着くわ」と大好評です。
一日の中で過ごすことの多いマイホームがくつろぎの空間になったことがうれしかったです。
朴茂生ならではの的確なアドバイスにより満足する結果を得ることができました。

朴茂生の家具へのこだわりは子供時代に関係する

朴茂生は大学を卒業したら、家具メーカーに就職をしましたが、実はその会社よりも有名な大手の会社の内定も受け取っていました。しかし朴茂生は家具作りに携わりたいという強い気持ちがあったので、大企業の内定を辞退して家具メーカーに就職をしました。家具に強いこだわりを感じるようになったのは、小学生の時でした。朴茂生の祖父母は、北陸で暮らしていますが、夏休みや正月には家族で帰省し、祖父母の家に泊まりました。祖父は、現役の薬剤師として働いていますが、それ以外にも薬売りとして地域でも親しまれている存在です。家には薬箱が沢山あり、さらに祖父の仕事部屋には壁一面に小さな木箱を積み重ねたものが床から天井までぎっしり詰まっています。木箱1つずつにそれぞれ違った薬が入っていて、症状をきいて組み合わせて処方をしてくれます。朴茂生は子どもながらのその木箱に圧倒されて、すごいものが祖父の家にあると感じました。木箱の表面には文字や数字が書いてあるわけではないのに、祖父は中身を間違えることがありません。その理由を尋ねると、木に模様が1つずつ違ったものが刻まれていると教えてもらいました。家具職人が手作りで1つずつ違った模様をほったということがわかり、すごい細かい作業だと感じて、子供ながらに感銘を受けました。その後、大人になるにつれて大量生産の家具が溢れるようになったので、今一度、家具の原点に戻りたいと考えて家具メーカーに就職をしました。

インテリアコーディネーターの朴茂生

朴茂生はインテリアコーディネーターを仕事としています。
彼がこの仕事に興味を持ったきっかけは、父親が家具職人だったことからです。
父が丹精込めて仕上げた家具がお店に置かれているのをよく目にしていました。
職人ならでは技術が素晴らしくて、一時期はたくさんの注文を受けていました。
もちろん、朴茂生の実家のインテリアもそのほとんどが父の家具で占められています。
長い間愛用すればするほどの愛着が出る素材やデザインなのです。
そんな父親の影響が大きく、朴茂生はインテリアコーディネーターの資格を取得することを目指し、猛勉強の末に合格することができました。
資格を取得してからの朴茂生はまるで何者かにとりつかれたかのように熱心に仕事をしていました。
自分のスキルと知識を高めるために必死だったのでしょう。
しかし、その努力は形となって表れて、今では雑誌などでも取り上げられるほどの有名なインテリアコーディネーターになれたのです。
彼を見ていると「努力は人を裏切らない」ということを肌で感じ取ることができます。
インテリアの基本はシンプルなことと彼は言います。
余分なものを多く取り入れると空間に落ち着きがなくなると彼は言います。
「シンプルイズベスト」をモットーに部屋の空間をデザインしていくことを大切にしています。
朴茂生は、家具や小物類のみならず、照明などにも気を遣い、住む人がリラックスできるような空間を作り出すことにしています。

朴茂生は資格を取得するため専門学校に通いました

朴茂生は高校を卒業してから大学に進学しましたが、そこでは経済学について学びました。講義内容は専門性が高くて面白かったのですが、他の分野の勉強をしたいと考えるようになりました。その時、サークルの先輩で誰よりもお洒落だった人が、美容師になりたくて専門学校に通っているということを耳に挟んだので、自分も資格を取得するために専門学校に通うことを考えるようになりました。専門学校は午前から午後の授業だけでなく、学校によっては夜間も授業を行っているので、社会人が通っていることもあります。朴茂生は、資格を取得していたら、就職する時に有利に働くことがあると考えましたし、自分の未来の幅を広げられるのではないかと考えました。経済学について大学で学んでいますが、同級生は商社や銀行に就職したいと考えている人が多く、次には起業をしたいと考えている人が多いと感じました。ただ朴茂生は、経済について学ぶことは楽しいけれど、仕事は他の分野にしたいという漠然ときた気持ちがあったので、インテリアコーディネーターの資格を取得するために専門学校に通うことにしました。インテリアコーディネーターは、空間を上手に生かして配置する知識を学んだり、色の相乗効果についても学ぶなど、多岐にわたって知識を身に付けなければなりません。全く知らない分野を学ぶことも多いですし、講師陣がかなり魅力的だということもあり、専門学校の授業はとても楽しくてやりがいがあると実感しています。

朴茂生が考えるインテリアコーディネーターの仕事

朴茂生がインテリアコーディネーターの資格を取得したときは、建築中心の仕事に限られていました。しかしさいきんは、建築業界ではなく、全く違った業界から相談や仕事の提案が行われることがあります。それは、日本人は技術は世界的な最高水準を維持していますが、デザイン的な面ではまだおくれを取っていると感じるからです。やはりデザインといえば、イタリアなど欧米を中心になっていると感じることが多いです。実際に、日本の車の技術は世界の最先端を走っていますが、日本車のデザインは輸入車のデザインと比べると劣っていると感じることがあります。そのため日本でも輸入車を購入する人が多いのは、ただブランド力だけでなく、優れたデザインの車に乗りたいと考える人が多いからだといえます。朴茂生は、これからはインテリアコーディネーターがデザインの仕事にアドバイスをする時代に入ってきていると考えています。すでに日本人の若手デザイナーが海外で認められることが少しずつ増えていますが、それでも足りないといえます、そのためには、日本らしさが海外に人気があるということを思い込みを改善することが大事だと考えています。すでに日本らしさは海外で広く知られていますから、次は日本らしさを封印して、デザイン性で正々堂々と勝負をすることが大事だと考えています。朴茂生は日本のデザイン力をのばすためには、インテリアコーディネーターの助けも必要だということを確信しています。

朴茂生は自然素材の家具作りを目指しています

朴茂生は週末に、友人と一緒に地方へ旅行に行ったことがありました。その地域は林業が盛んで、道の駅に寄ったところ、ヒノキを使った木製品が驚くほど安く販売されていました。ヒノキ独特のにおいがとても良かったので、自分へのお土産に1つ何かを購入しようと考えました。店内を見て回ったところ、朴茂生はヒノキで作られた丸太の椅子を見つけました。直径が45cmほどとかなり大きく、表面は綺麗に削られていて、椅子としてだけでなく花台としても使えるということでした。早速自宅に飾ってみたところ、室内がヒノキの香りで充満し、天然の芳香剤になったと感じました。そして丸太だけでも味がありますが、エレガントな雰囲気のインテリアを好む人には、それに合った椅子にヒノキを加工できればいいと考えました。そんな些細なアイディアから、自然素材の家具作りに興味を持つようになり、朴茂生は自分でも家具作りに挑戦をするようになりました。木工を取り扱っている業者から、廃材を貰って作ってみましたが、木の種類によっても加工がしやすいものとしにくいものがあり、木の年数によっても柔らかさに違いがあることがわかりました。木は伐採されても呼吸をしていますから、梅雨時期になると自然と湿気を吸い込み、冬の時期になるとその湿気を吐き出して乾燥を自然と防ごうとします。自然素材の家具はそのような作用があるからこそ、長持ちして、使えば使うほど味が出てくるのだと考えています。

朴茂生がこだわる照明デザイン

朴茂生はインテリアコーディネーターとして、これまで多くの個人宅や企業のオフィスを快適にするためのアドバイスを行ってきました。その中で特に大切にしているポイントがいくつかありますが、その1つが照明デザインです。朴茂生がインテリアコーディネーターの資格を取得するときに専門学校に通っていましたが、夏休みにイギリスへ遊びに行ったことがありました。観光と勉強を兼ねた旅行でしたが、現地のお宅を拝見させてもらったり、貴族が使っていた城を見学する機会に恵まれました。その時、イギリスは日本と違って、直接照明ではなく間接照明を大事にしているということを知りました。そのため間接照明のデザインが豊富になっていて、部屋の中がほの明るく雰囲気がある様子になっていることが魅力的だと感じました。明るいところで作業が必要な時は、スタンドライトを使うということが習慣になっていたので、日本人としては少し不便に感じるところがあるかもしれないと感じました。そこで、日本では直接照明だけでなく間接照明も取り付けることにして、2つの空間を楽しめるように心がけるようにしました。人間は眠るときだけでなく、疲れたときに明かりが眩しすぎるとさらに疲れを助長することがあります。そのため、間接照明をつけることで味わえるようなあたたかい雰囲気を出す機能をライトにつける、もしくは照明デザインにもこだわって見た目もあたたかい家庭を感じられるようにすることを心掛けています。

朴茂生は舞台照明のお手伝いをしました

朴茂生には劇団の代表をつとめている友人がいます。彼は高校の同級生でしたが、その頃から演劇に夢中で、それまで高校には演劇部という存在そのものがなかったのに、立ち上げて文化祭で劇を発表したという功績をもっています。彼には憧れの俳優がいて、その人みたいになりたいという夢を追いかけるために、憧れの人が通っていた大学に進学して、その大学の演劇部に所属しました。大学は離れ離れになりましたが、朴茂生との交流は続いていて、大学を卒業してからも定期的にお酒を飲みかわす時間を作っていました。お互いが30歳をこえても交流が続いていて、先日、彼から仕事の依頼を受けました。新しい舞台をすることになったけれど、舞台照明についてアドバイスをしてほしいということでした。依頼を受けて舞台を見に行くと、築年数が古いこともあって、音響も古く、舞台の幅も狭いことがわかりました。ただ舞台そのものが小さくても、照明を工夫することによって奥行きを実際より深く見せることが可能です。そこで朴茂生は、複数の照明を駆使して、舞台を実際よりも広く見せることにしたり、演技をしているときに臨場感が出せるように角度にもこだわるようにしました。おかげで舞台は大成功をおさめることができ嬉しい気持ちになりましたが、それ以上に旧友と違った分野で活躍していても、一緒の物を作り出せるということが嬉しいと感じました。これまでインテリアコーディネーターとして働いてきましたが、舞台の仕事もやりがいがあると感じたので、これからは仕事の幅を広げていきたいです。

朴茂生の優れたセンスについて

朴茂生は学生時代に、留学をしていた経験があります。というのも、インテリアコーディネーターに必要な知識や経験を身につけるためです。
朴茂生が留学していた場所は、イギリスのロンドンです。ロンドンは世界的に見てもアートが最先端であることで知られている場所の一つです。インテリアコーディネーターになる勉強をするために、ロンドンで学んでいる学生は少なくありません。朴茂生もそのうちの一人であり、ロンドンという場所でしっかりと技術やセンスを身につけることに努力しました。インテリアコーディネーターとしての実績を作るためにも、朴茂生は現地でインターンシップにも取り組みました。インターンシップでは、インテリアコーディネーターとして活躍する仲間たちと切磋琢磨をしながら、個人の技量をしっかりと磨いていったのです。インターンシップでの経験を評価されることもしばしばあり、朴茂生の優れたセンスが徐々に広がっていったのです。インターンシップを成功させることができたことは、その後のキャリアの形成にとても役に立ちました。
例えば、顧客や仕事仲間とのコミュニケーションに必要な能力を、インターンシップの間にしっかりと磨いていたために、仕事が始まってからは、仕事の内容にしっかりと集中することができるようになりました。そのことがきっかけとなり、現在ではインテリアコーディネーターとしてのキャリアをしっかりと歩むことができているのです。

  • 最終更新:2017-11-21 14:11:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード